CADにはメリットがたくさんある

昔は製図を書くときには紙とペンを使って行うのが当たり前でした。しかし、現在ではCADというソフトウェアを購入すれば、コンピューター上でも簡単に製図ができるようになっています。パソコンを使うことによって得られるメリットは大きくて多いので、まだ手書きで行っているのなら導入を考えてみましょう。

パソコンならやり直しが簡単

紙とペンを使った製図では、間違った場合のやり直しに手間がかかってしまいます。しかし、パソコンならば以前の作業内容を覚えているので、やり直しはとても簡単です。CADのソフトウェアによって操作方法は変わりますが、大抵はやり直しボタンをクリックしたりショートカットキーをキーボードで入力するだけです。一つ二つ前の作業だけではなく、かなり前の作業まですぐに戻ることができるので、思い切った修正をしたいときにも便利でしょう。

製図のデータを共有できる

パソコンで作成した製図はデジタルデータとして保存されるので、複製を簡単に行えます。つまり、会社のパソコンで行った作業の続きを、簡単に自宅でも行うことが可能です。デジタルデータならばオンラインに保存ができるので、USBメモリやSDカードなどの記憶メディアを持ち運ぶ必要すらありません。もちろん、ほかの方に渡すことも可能なため、製図について意見が欲しいときも便利に活用できるでしょう。元のデータは自分が持っているので、作業を続けながら意見を待つことができます。

CADは3Dにも対応している

従来の製図では平面上の紙にペンを使って書くため、2次元のものしか書くことができませんでした。しかし、パソコンならば3Dも取り扱えるため、三次元の製図を書くことも可能になっています。立体として製図を書くことができ、それをパソコン上で自由に動かせるため、イメージが伝わりやすいというメリットもあります。ただし、パソコンに3D処理能力がなければいけないので、低スペックのものを使っているのなら買い換える必要があるかもしれません。

無料で試すことが可能

導入する前にCADがどのようなものか確かめたいのなら、無料のソフトウェアが配布されているのでダウンロードしてみましょう。2DCADも3DCADのものもあるため、好きなものをインストールして実際に使ってみることをおすすめします。また、有料のソフトウェアの体験版も配布されていることがあります。やはり仕事で使うのなら有料版のほうが操作性や機能などのメリットが大きいので、導入する予定のソフトウェアがあるのなら体験版がないか確かめてみましょう。さまざまなメーカーからCADのソフトウェアが販売されているため、いろいろと試して自身の仕事にあったものを選ぶとよいです。

水道CADとは、水道申請に特化したCADシステムです。他のCADシステムを使用する場合に比べ、書類作成時間短縮が期待できます。