酸洗いは汚れを落とす化学洗浄

酸洗いは酸性の溶液に金属でできた製品を浸し、表面についた様々な汚れを落とす化学洗浄方法の一つです。化学製品には主に溶接によって付着するスケールと呼ばれる煤のような汚れや、加工するための機械に塗られているグリースが製品に付着する汚れが付着します。これらの汚れは研磨洗浄では洗い残しの心配があったり、時間が掛かってしまうなどの様々な問題があります。酸洗いでは溶液によって全体の汚れを均一に溶かす事ができるので洗い残しの心配がなく、比較的短時間かつ低コストで行えるなど、様々なメリットがあります。その反面酸性の溶液という人体にも有害な薬品を使う関係上、取り扱いには細心の注意が必要となりますし、金属の製品は溶かさずに汚れだけを溶かすための溶液の配合や温度管理を行える技術者も必要になります。しかし非常に効果的な方法でもあるため金属製品を取り扱う工場も多く、中には酸洗いを専門に行う業者もいるほどです。

エッチングは金属を溶かす加工処理

エッチングは酸を金属に塗布することで模様を付ける加工処理の一つです。金属に酸性の溶液を付けるという点では酸洗いと似ていますが、こちらは汚れではなく金属を溶かすことが目的となります。まず金属製品に、浮き上がらせたい文字やマークなどの形に酸の腐食を防ぐマスキングを行って防食処理を施します。その後その付近に金属をわずかに溶かす酸を塗布して拭き取ることで、防食処理をされた部分と酸で腐食して溶けた部分とで段差が生まれ、模様やマークが浮かび上がる仕組みとなっているのです。いわば酸による彫刻ですがこちらはプレス加工などと違って高価な機械などを必要とせず導入コストが安い点や、腐食部分がムラなく綺麗に仕上がる点など多くのメリットを有しています。

表面加工にエッチングを選ぶべき理由

例えばステンレス製品は防錆性能が高いと言われていますが、それは酸洗いによって表面を一斉に洗浄することでステンレスに含まれるクロムと空気の反応を起こし、表面に不動態皮膜と呼ばれる被膜を形成して水分や塩分から金属を守っているためです。しかしこの被膜がある状態のステンレスにたいして研磨加工やプレス加工などを行うと被膜に傷が入ったり皮膜の厚さにムラができてしまい、本来の防錆性能が発揮できず錆びやすくなってしまいます。エッチングであれば酸洗いと性質が近いため加工部分の不動態皮膜もムラなく貼り直され防錆性能を落とすこと無く表面を加工することができます。また曲がったり変形しやすい繊細な細工物などは、圧力が加わる加工方法では壊してしまう可能性がありますが、エッチングであれば圧力がかかることはないため変形の心配をせず加工できるのも大きな強みと言えるでしょう。

酸洗い作業で神経を使うところは、製品セットの段取りです。酸が均一に行きわたらないと、製品にムラが出来て仕上がりに影響するからです。