合宿免許は取得費用が安くなる

一般の人が運転免許を取得するにはまずは自動車教習所の修了が必要になります。教習所のタイプとして自宅などから通学する方法と、地方にある教習所に泊まり込む方法があります。後者は合宿免許ともいわれ、メリットとして通学するよりも修了までの費用を抑えられる点が挙げられます。教習所によって宿泊施設の種類が違っていて、教習所内にある宿泊施設を利用するところもあれば、近くのホテルなどを利用するところもあります。交通費もかかりますし宿泊費や食費などもかかるので一見費用がかなり高くなるように思いますが、教習費用をかなり抑えているせいか通うよりも安くなります。通学だと卒業試験に落ちるとその分追加費用が掛かりますが、合宿は間隔を開けずに教習を受けるので落ちにくいです。仮に試験に落ちても追加費用が掛からないところも多いです。

地方での路上教習のメリットとデメリット

自動車の教習所では実技と座学があり、実技ではまず教習所内の施設で教習を受けます。施設内の教習を修了すると仮免許取得になり、教官の指導の下で路上教習が行えます。合宿免許が取得できるのは都市部ではなく地方の教習所が多いので、路上教習においては比較的のんびりした道路で行われます。メリットとしては車の量が少ない点や見通しがいい点があるかもしれません。高速教習も都市部だとなかなか合流が難しいですが、地方だと簡単に合流できるでしょう。一方で地方であるが故のデメリットもあり、冬だと雪道での教習になるので乾いている道路に比べるとかなり運転が難しくなります。交通量の少ないところでの教習に慣れると都市部に帰った時に運転に戸惑うかもしれません。こちらは自然に慣れるので問題は少ないでしょう。

どんな人でも合宿免許がいいのか

自動車免許を取得するときに合宿免許を利用するメリットやデメリットをチェックするでしょう。メリットとして新たな出会いがあるが挙げられていて、学生などならそれを目当てに利用する人もいるようです。実際教習所内において利用者が参加できるイベントを開催するところもあり、教習がない日や時間も暇を持て余さず過ごせるようになっています。誰とでもすぐに友達になれるような人だと合宿免許はかなり楽しいところになるのでしょうが、逆に人見知りの人にとっては必ずしも良いところと言えないかもしれません。年齢層としては学生など若い人が多くなるので、30歳以上の人が行くと浮いてしまう可能性もあります。期間としては2週間ぐらいなので、それくらいなら我慢できる人であれば利用を検討も良いでしょう。

合宿免許では、短期間に集中して免許取得に必要な技能・学科の知識を学ぶことができます。自動車学校に通うよりも安く済む場合が多く、早い人は2週間ほどで免許を取得できる人もいます。